シミが消える

紫外線に気を付ける

注射

紫外線などの影響で出来るシミは「予防」するのが一番ですが、できてしまったら皮膚科クリニックなどに行って消す事ができます。皮膚科クリニックでシミを消すときの注意点としては、治療後は患部を紫外線にあてて焼かないように気を付けることです。レーザーを照射したあとの患部に紫外線をあてると、もとあったシミよりも濃いシミが出来てしまうリスクがあります。そうなると治療した意味がなくなります。 皮膚科クリニックでレーザーを照射したあとは、患部は絆創膏でガードされている状態のまま帰宅します。絆創膏は無理矢理剥がしたりせず、外に出るときは出来る限り患部を絆創膏で覆って、紫外線にあてないように気を付けることが大切です。

シミの種類と施術方法

シミ、そばかす、肝斑などは、皮膚科のレーザー治療で消せます。一口にシミといっても様々な種類があり、種類によって効果があるレーザーの種類や、消えるまでに打つ回数などが違います。 薄いシミや広範囲に細かくできているそばかすを消したい場合は、フォトフェイシャルが効きます。フォトフェイシャルは小皺やたるみを引締める効果もあります。 ピンポイントでなくしたい場合は炭酸ガスレーザーがあります。炭酸ガスレーザーは少ない回数でシミが消えるので、すぐに消したい人にもお勧めです。根深いガンコなシミにはQスイッチヤグレーザーが効きます。Qスイッチヤグレーザーはアザの治療にも使用されていて、濃い目のシミに効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加